玉造幸村ロード様

yukimuraroad_top
真田十勇士をメインキャラクターとして、次々に新たなイベントを活発に展開している玉造幸村ロード。その真田幸村と真田十勇士のイメージキャラクターをここで紹介します。
yukimura01
【真田幸村】 家康を破った稀代の謀将。 真田昌幸の子。徳川家の誘いを断り、大阪城に入城する。劣勢である大坂の陣の豊臣方において、勝利を飾った男。
 
【真田十勇士】とは、豊臣方の武将真田幸村の家臣として活躍したとされる十人の勇士の総称。
yukimura02
【海野六郎】 真田家家臣。 真田家と同族の海野氏出身。歌舞伎好き。出雲阿国の舞台をたびたび見に出かけるなど、風流にも通じていたという。
【穴山小助】 真田家家臣。 武田氏庶流穴山家の一族。幸村とは同い年で、参謀役をつとめている。背格好・容姿が幸村に似ており、影武者となることもある。
yukimura03
【筧十蔵】 蜂須賀家の元家臣であったが、幸村の人柄に惹かれ、大阪城に入って真田家の家臣となる。 火縄銃の名手であり、鍼治療も得意とする。
【由利鎌之助】 かつては敵であったが、穴山小助との一騎打ちに敗れ、以降は真田家の家臣となった。 鎌鎖の達人。
yukimura04
【望月六郎】 真田家家臣。 九度山真田屋敷では留守居役をつとめ、その間に爆弾の製造を行っていた。
【根津甚八】 真田家家臣。 水軍の指揮に長け、夏の陣では幸村の影武者として活躍した。近江の戦国大名、浅井長政の子であるという説もある。
yukimura05
【猿飛佐助】 真田家家臣。 甲賀忍術の達人。戸澤白雲斎の目に止まり、奥義を授けられる。江戸城や駿府城に忍び込み、徳川の情報を探った。
【霧隠才蔵】 浅井家の旧臣の家系。 伊賀流で忍術を学んだ。猿飛佐助とは兄弟分にあたる。得意の忍術で徳川軍を翻弄する。
yukimura06
【三好青海入道】 古くから幸村に仕える僧侶。 かつては上田城で徳川軍と戦ったこともある。噂ではかつての京都を支配した大名、三好三人衆の一人・三好政康とも言われている。
【三好伊三入道】 古くから幸村に仕える僧侶。 三好青海入道の弟。破戒僧と呼ばれる事もあるが、兄と共に幸村を支え、常に行動を共にしたという。
お問い合わせの概要
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
電話番号
お問い合わせ内容
お問い合せは06-6762-0669

応援事例

デザイン制作例

twitter

アトムの関連事業